税理士として登録せずに働くには

>

登録の有無について

登録費用

次は登録費用についてです。

登録には初回30万円かかります。
諸経費を除いて次年度からは最低でも10万円以上かかります。
決して安いとは言えない登録料なのです。

また登録すると税務士会の税務相談などの要請も来ます。
他の税務士と交流もあります。
これらを好機ととるかしがらみととるかによって登録も変わってくるのかもしれません。

税理士同士の勉強もできますしね。
そういった交流を経て経験値とすることもできます。
これは税理士同士でないとわかりませんからね。
この勉強会はなにも資格登録しないとできないわけではありません。
ですが、登録しておくとこういう機会が多いですよということです。

勤務先の規定により「資格合格で税理士とみなす」という会社もあるようです。
そうなると30万円払うのが馬鹿らしくなりますね。

登録しないとどこが違うか

税理士登録しないとどのようなことがあるのでしょうか?

まず、個人の事務所を開けません。
独立を考えている人なら登録は必須と言えるでしょう。
ですが、昨今、自ら個人事務所を開く傾向の人は少なくなっています。
事務所を開くにも人数も必要ですからね。
コストとリスクがありますからなかなか事務所を構えるまでに至らないのでしょう。

また、登録していないと種類にサインはできません。
税理士法違反になってしまいますからね。
基本的に税理士という資格でもお給料は変ってきます。
基本給が優遇されたり、手当がついたりしますしね。
ですが、そこの会社の規定によってはあまりお給料も変わらないところもあるようです。
こういうことを考えると無理に登録はしなくても良いでしょう。


この記事をシェアする
B!