税理士として登録せずに働くには

>

登録しないで税理士として働くメリット

大規模な会社

税理士資格を取得しておきながら登録はしないメリットですが自ら事務所を持つ必要がないということです。

大規模な税理士事務所に入社すればそれでよいだけの話です。
ですが、大規模な会社に入社するにも仕事ができなければなりません。
仕事ができるようになるということはやはり税理士の資格を持っていなければならないのです。
資格さえ持っていれば登録の有無はあまり関係ないようです。
仕事としてできる戦力を欲しているのであって登録者として欲しているわけではありません。

個人事務所を開くよりもリスクも少なく安定した収入が手に入ります。
大規模な事務所ですから仕事にも困らないでしょう。
大きいところに就職すればこのようなメリットがあります。

求人について

税理士の事務所を開く際の話です。

税理士は法人化しなければならず、最低2人以上の人を必要とします。
特に大規模な会社ではなく小規模な事務所ですとその先の展望を見据えないといけません。
小規模な事務所の先を見据える際に登録資格を持っている税理士じゃなくても5人は必要になってきます。

ですから必ず資格を登録しなくても良いのです。
大規模な会社に入社できるならそれに越したことはありません。
ですが、小規模な会社でも人手は必要です。

お給料にもそれなりの差があります。
ですが、やりがいなどを求めるのでしたら会社の規模は関係ありません。
求人としては沢山あるのです。
税理士というスキルを活かして働くのでしたら職場は沢山あります。


この記事をシェアする
B!