税理士資格に登録しないメリットとは

税理士として登録せずに働くには

税理士としての職場環境

税理士資格を取得しながらあえて登録はしないという人が増えているようです。
その大きな理由として2つあります。

1つは税理士資格を取得後に独立を考える人が少なくなっているということです。
以前は資格取得して独立し、自らの事務所を開業する人であふれていました。
しかし、自ら開業しようと思う人が少なくなっているのです。
自らの事務所を構えない理由として「税理士としての展望が見えないから」だそうです。
税理士業界も先行きが怪しいようですね。
これでは自ら事務所を開業しようとは思いません。

もうひとつの理由として税理士の法人化です。
法人化には税理士が2人以上必要です。
こうしたことから大人数を抱える大規模な事務所が増えてきています。
大規模な事務所で働く際に税理士資格はそれほど重要視されません。
つまり税理士の登録をしなくてもその事務所で働けるのです。

税理士の登録料は少なくとも30万円はかかります。
費用がかさむのです。
先ほども言いましたが大きい事務所で働く際に資格の有無はあまり重要視されておりません。
税理士資格を持つ人が一人在籍し、その人が最終チェックをして種類にサインをすればいいだけのことです。
ですから税理士資格を登録しない人が増えているのです。

資格自体は取得しているのでお願いする分には何の問題もありません。
ちゃんと計算もしてくれるでしょう。
隅々までわかっていることでしょう。
ただ、登録しているか否かの違いです。

おすすめリンク

事業承継の方法と特徴

事業承継のやり方は主に3つに分けられます。それぞれのメリットやデメリットなど詳しくみていきます。

登録しないで税理士として働くメリット

登録をしていない税理士としての職場についてご紹介しています。 登録をしていないと税理士として働けないと勘違いされやすいですが、そんなことはありません。 登録せずとも税理士としての求人は多数あります。 この求人についてや、登録せずに税理士として働いている人の増加についてもご説明しています。

登録の有無について

税理士として登録されることとされないことの仕事環境や費用についてご紹介しています。 登録にかかる費用とは一体どのくらいなのでしょうか。 また、登録することによる仕事内容としないうえでの仕事内容についても差があります。 登録することの意味、登録せずに税理士として働く環境についていろいろあります。

税理士トラブル

税理士でよくあるトラブルについてご紹介しています。 税理士に事務所はひとりでは開業できません。 また、どこかの顧問税理士となっても立場上のトラブルが多いようです。 税理士として仕事をする上での心構えも必要です。 さらに登録せずに税理士として仕事をするメリットをもう一度まとめ直しています。